猿一匹 酔って候

介護の現場で働く人たちのための応援WEBマガジン「Live-up Worker」(リブアップワーカー)編集長大西のブログ。活動記録や日々思ったことなど綴っていきます。

Let's Sing a Song

少し昔の話になりますが、祖母とその友人(祖母と同年代の男性)、僕と妹でカラオケスナックに行ったことがあります。まあ若い人にはなじみが薄いかもしれませんが、カウンターの向こうにママがいて、キープのウイスキーとか焼酎のボトルがズラーっと置いてある感じの店ですね。

薦められるがままに歌わされるわけですが、他のお客さんも結構年配の人が多い。こういう店って見知らぬ客が同じ空間に居合わせても歌うものなのですよ。普段歌っている歌なんか歌ってもKYだろうし…

結局僕は谷村新司の『昴』を選曲。妹は石川さゆりかなんか入れてたけど兄妹そろって口裏合わせず空気を読みました(笑)。

まだ広告代理店に勤めていたときの話ですが、出張先の同じようなスナックで、クライアントのおじさん(50代)に薦められ、そのときは井上陽水の『少年時代』を歌いました。それでも「いやー最近の歌はわからないねー」なんて言われた経験があるので(笑)同じ轍を踏まないようにしたつもりですが、祖母も含め周囲の反応は薄い…

 

今思えば、若い人が無理をして古い歌を歌おうとするのではなく、自然に普段から歌っている曲をチョイスすればよかったのかなーなんて思っています。どうせ誰も聴いてないだろうし(笑)、聴いていたとしても、場違いな若い人が来ることを新鮮に感じてくれる人もいるかもしれないしね。

 

介護施設でも、レクなどで歌われる歌も世代交代とともに変わってきているようです。洋楽を聴いてきた世代が増えれば、ビートルズやエルヴィス、フランク・シナトラボブ・ディランとかのリクエストを受ける日が来るかもしれません。『ギターが弾ける』『英語の歌が歌える』なんてのも面接のときのアピールポイントになるかもしれませんね。