猿一匹 酔って候

Live-up Works(リブアップ・ワークス)主宰、大西啓介のブログ。2012年からフリーライターとして活躍。企業のPR媒体から、ごみ、リサイクル問題、老人福祉などの分野をメインに取材・執筆活動を行う。現在は東京都豊洲市場に出入りして水産分野でも活動中。

スーパー

今年4月1日からスタートした「総額表示義務化」。
従来、売り手側の判断で、税抜きの本体価格または税込み価格好きな方を表示してよかったのですが、今後は税込み価格を必ず表示しなくてはなりません。

ただし、きちんと税込み価格を表記していれば税抜き価格を併記することは可能です。
この法改正を受けて、全国にあるスーパーマーケットも税込み価格表記のみに切り替わるものだと思っていましたが、

 

f:id:liveupworker:20210429155754j:plain

 

結局変わっていない(汗)。違反にならないよう、きちんと税込み価格は記されてはいるものの、あくまで税抜き価格がメインで、目立たないよう申し訳ない程度に税込み価格が記されています。

 

f:id:liveupworker:20210429155707j:plain

法令順守って、何かね?

 

スーパーマーケット側としては、1円でも安く消費者に見せたい腹心があるようで、
できれば税込み価格は記載したくない。なので今回の総額表示義務化は、正直ありがたくないものらしい。他店との競合もあるだろうし、店側の気持ちはわからなくもないが、現状10%にまで膨れ上がった消費税を鑑みると、税抜き表示の金額と、いざレジで支払うときの金額とのギャップに戸惑うのは消費者じゃないでしょうか? あくまで僕個人の意見ですが、グレーな範囲とはいえ法に抗ってまで、実際に支払う金額を堂々と
表示しないのは不誠実だと思います。

とはいえ、キャッシュレスが当たり前になってきている現代。サイフの中からお金が消えていく実感が乏しいから、どちらを表記したところで消費者にとってあまり関係のないことなのでしょうか。結局この法令も絵に描いた餅なのでしょうか?

ズーハー

f:id:liveupworker:20210425173928j:plain

近所にあるBBQ会場。レインボーブリッジを眺めながら優雅に食事できる素敵な場所なのですが、先日犬の散歩で横を通ったときに、ライブ演奏のリハーサルの音が聞こえてきました。

米米CLUBの『君がいるだけで』をカバーしていたのですが、歌をよく聴いていると……

♪たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること
何より大切なものを 気付かせてくれたね

ズーハー 伝えられない ズーハー わかって
ズーハー 見えないものを ズーハー 見つめて

ドンピシャのアラフォー世代の御仁はお分かりかとは思いますが、上記「ズーハー」は
正しくは「True Heart」と言っています。歌詞カードにそう書いてあります。ところがカールスモーキー石井(ボーカル)の発音がどうしても「ズーハー」としか聞き取れず、このリハーサル中の歌手の方も無意識に似せて「ズーハー」に落ち着いたのだと思います。

さて、トップ写真は、1990年代後半から2000年初頭にかけてヒットしたJ-POPのバラードを集めたコンピレーションアルバム『R35 Sweet J-Ballads』です。

1.SAY YES CHAGEASKA
2.君がいるだけで 米米CLUB
3.何も言えなくて…夏 JAYWALK
4.Get Along Together 山根康弘
5.True Love 藤井フミヤ
6.シングルベッド シャ乱Q
7.離したくない T-BOLAN
8.クリスマスキャロルの頃には 稲垣潤一
9.Woman 中西圭三
10.夏の日の1993 Class
11.もう恋なんてしない 槇原敬之
12.サボテンの花 財津和夫
13.接吻 オリジナルラブ
14.壊れかけのRadio 徳永英明
15.愛が生まれた日 藤谷美和子大内義昭
16.世界中の誰よりきっと 中山美穂WANDS

以上が収録曲で、件のズーハーはこのアルバムにも収録されていますね。改めて聴き直してみると、やっぱ「ズーハー」です(笑)

このアルバムはブックオフで中古で購入したのですが、発売からだいぶ時間が経っていることもあり残念ながら中古で手に入れるしか方法はないようです。ウィキペディアでは「JAYWALK中村耕一が逮捕されたため廃盤となっている」と重版されなかった理由を挙げていますが、後に2人が同様の罪(クスリ)で捕まったことを考えると、再販は絶望だと思われます。

でもこうやって、懐かしの曲をまとめて聴けるアルバムっていいよね。
ズーハー!!

ナルシストは強い ~とある介護士YouTuberの話

f:id:liveupworker:20210330201006p:plain

ヒマな時間にYouTubeを観ることが多いのですが、最近、介護福祉士の子が開設しているチャンネルをよく観ます。

30歳少し出前の男性で、内容的には休日の過ごし方と自炊の様子がメインで、コンプライアンスの問題を気にしているせいか仕事に関する話はほとんど出てきません(当たり前か)。僕もよく料理をするので自炊の様子は何気に参考になります。

この男性はとても甘いマスクで、動画の撮り方や話の内容からすると、結構自分のルックスに自信を持っている子なんだと推測。フォロワーの数も多く、寄せられたコメントを見てみると「笑顔に癒される」「こんなイケメンがいる職場で働きたい」と某J事務所アイドルさながらの人気っぷりです。

ただ、よく目を通してみると、決して黄色い声ばかりでなく、「頑張るあなたに勇気をもらえた」「私も介護の仕事をしているけど一緒にがんばりましょう」といったコメントも散見されます。少し上の世代(とみられる)の女性からは「無理しないで体調に気を付けてね」、といったコメントも寄せられ母性本能をくすぐる要素もありそうです。

キツい勤務内容に加え、利用者からのハラスメント、加えてコロナ禍による感染への不安などこの業界のマイナス要素を挙げればキリがないですが、仕事の内容に一切触れることなく、こうやって大勢の介護士のモチベーションを上げることができるのだから、本当にすごい力なんだと思います。

まずは自分自身が救われていることやな

以前、Live-up Workerのインタビューで公益社団法人「日本駆け込み寺」代表の玄秀盛さんを取材したことがあります。そのとき玄さんから開口一番に出てきた言葉が「まずは自分自身が救われていることやな」だったことを思い出しました。つまり、どのような仕事でも、その人が元気に輝いて仕事に取り組んでいるのならば、本人はもちろん周囲にいる人たちにもそのエネルギーは波及される。場の雰囲気も良くなり、仕事も人生も豊かで充実したものになる、というところでしょうか。

この介護士YouTuberのチャンネルを観るかぎり、確かにナルシストだと感じるところはあるのですが、自分に自信があるからこそ、正々堂々と人前に出られる。そしてその姿を見た人たちに良い影響を与えられる。業界が健全で活気に満ちた状態でいるためには、このような草の根レベルの活動が実を結ぶこともあるんだな~と思った瞬間でした。

無作法

f:id:liveupworker:20210326121152p:plain

普段ほとんどテレビは観ないのですが、先日たまたま『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ)という番組を観ました。

ゲストの歌手・広瀬香美が、今話題の女子高生シンガーAdoの『うっせえわ』をカバーして、ピアノで弾き語りするという内容だったのですが……

このオバサン、足でピアノ弾いとる! Σ( ̄□ ̄|||)

その昔、梶原一騎原作の『柔道一直線』というドラマの中で、主人公が足で『猫踏んじゃった』を弾くシーンがあったと思うのですが、アレは、まあギャグとして許される範囲でしょう。ただ、プロのミュージシャンが公の前でピアノの上に足を乗せるなんて、あまりに恥ずべき行為で教育上良くない。不快に思ったのは僕だけでなく、番組放送後、案の定ネットで叩かれていました(ただしOA中に、遠巻きに非難していた羽鳥アナは常識人だと思いました)。

僕が仕事で出入りしている豊洲市場でも、関係者が足で魚を扱う場面があり、正直あまりよい気がしません。マグロの場合、軽いサイズでも30キロ前後はあり、魚の表面も濡れて滑りやすいため手で扱うことは難しい。そこでマグロを移動するときに「手鉤(てかぎ)」と呼ばれる棒の先に鎌のような刃が付いた道具を用いるのですが、とっさの場合に、どうしても手鉤を使わず足が出てしまうようです。

マグロは死んでいるとはいえ、つい数日前までそこには命が宿っていた。そしてマグロは大方生のまま人の口に入ることを考えると、倫理面、衛生面ともに意識の欠ける行為だと思います。

気にし過ぎでしょうかね? 実は中学生のとき体育の授業で、転がってきたバスケットボールを足で止めたときに体育教師から怒られたことがあり、それが今でも脳裏をよぎってしまいます。足で物を扱うことは、人を不快にさせる以上に、何か人間として自分自身を貶めている。そんな気がするんですよね。

 

10年

東日本大震災から早10年。

地震発生当時、僕は都内・新宿御苑近くにある出版社にいました。あまりの揺れにビルの外に退避しましたが、同じようにオフィスビルの中から次々と人が逃げ出してきたのを思い出します。

その後電車も動かず、アルバイトでいた大学生の子と歌舞伎町にあるゲームセンターでひたすら時間をつぶしました。その後、地下鉄大江戸線が22時ごろ運転再開するという情報を聞きつけ、乗車するために長蛇の列に並びました。電車に乗るためだけに3時間半も並んで待ったのは生まれて初めて。当時住んでいた、練馬区にある終点の駅まで電車に乗り、自宅に着いたときは夜中の2時になっていました。

嫁は展示会の仕事で千葉にある大型イベント会場に居ましたが、やはり電車が動かず、急きょ会社が手配したホテルの1室で10人近い社員と一夜を過ごしたようです。

あれから10年。被害に遭った町はだいぶ復興してきましたが、行方不明者の多さを考えると、決して消えない傷はいまも色濃く残ったままです。

人間は自然を好き勝手に傷つけ、破壊してきました。それに対し、自然は一切不平を言わなければ、抗うこともありません。そんな自然が、この3月11日に、突然堰を切ったかのように怒りを爆発させ人間に牙を向けた。そんな気がします。今後人間は自然とどう付き合っていくか真剣に考えなくてはいけませんね。結局私たちは自然という環境の中で生かされているに過ぎないという事実。

自宅まで連れてきたアルバイトの大学生は結婚して、もう子どもがいると風の便りで聞きました。時が経つのは本当に早いです。

ひな人形の正しい位置はどっち?

f:id:liveupworker:20210307195155j:plain

ひな人形を模したかわいいイラスト(Yahoo!JAPANの公式キャラクター「けんさくとえんじん」)。このイラストを見た人が、twitterに「男女の座り位置が逆ではないか?」と指摘していました。

確かに男びなが下座(向かって左側)で、女びなが上座(同、右側)が一般的なイメージでしょうか。

実はこのイラストの座り位置、日本の伝統から言えば“正しい”ものです。

古くから日本では上座が上席とされ、身分が上の人が鎮座する場所と決まっています。そのため、公家が夫婦で並ぶ際は男性が(向かって)右側、その妻が左側と決まっていたようです。実はこのひな人形の座り位置については、かつて僕が運営していた『Live-up Worker』WEBサイトの「今昔百科事典」というコーナーで取り上げたことがあるので詳しかったりします(笑)。

ひな人形については、僕が住む関東や東日本、北日本では「男びな(向かって)左」が定説となっていますが、今でも京都など西日本側では「男びなが(向かって)右」に置くのが一般的なようです。

そこで思うのは、どうして左右が逆になったのか? というギモン。これは実は大正天皇が関係しています。

大正天皇は自らの即位の際、写真撮影のときに下座に立ってしまったため、以後、公の場の立ち位置もいつの間にか逆になり、それが定着していったと考えられています。大正天皇が何も考えずに立ち位置を誤ったのか、それとも西洋では一般的な“男性が(向かって)左”という世界基準に追従する形で、これまでの伝統にあえて逆らったのかはわかりません。それでも、男女平等や性差の撤廃が声高に叫ばれている現在、男女の立ち位置の“決まりごと”をいち早く取り払った大正天皇の判断は、今に思えば正しいものだったのかもしれません。

あ、ちなみにバンドだとギタリストが上座、ベーシストが下座が定説となっていますが、これはビートルズの影響が強いと言われています。ベーシストのポール・マッカートニーが左利きで、下座だとベースのネックがステージの外側に向くので、客席から見ると上座にいるギター(ジョン・レノン)とベースのネックが翼を広げた形に見えて
見栄えが良いからです。そして、このビートルズの立ち位置が現在のバンドに引き継がれているのです(Boφwyやリンドバーグみたいにギターが下座のバンドもあるけど)。

これからの時代、古い時代のしきたりを引きずって、周囲に気を遣うのもなんだか馬鹿らしいな~と思います。そんな僕はエレベーター内での立ち位置ルールとかいまだによく理解していません(笑)。そんなことで神経すり減らすのはゴメンだ。

赤ワインとキムチの相性

おととしのブログで以下のような記事を書きました。

商品の良し悪しを吟味せず、有名人や社会的に影響力のある人が安易に広告塔になるのは無責任ではないか? という内容だったのですが、

f:id:liveupworker:20210129182525j:plain

於スーパーマーケット。有名なワインソムリエである田崎真也さんがキムチのパッケージになっていました。

実はワタクシ、かつて安居酒屋で赤ワインのアテにキムチを食したことがあるのですが、

クソ合わない

なんでも、赤ワインに含まれる渋み成分タンニンとキムチの辛味成分であるカプサイシンが反発しているからだそうです。

この商品のパッケージを見た人は、当然のように「ワインのつまみにキムチ」と想像するでしょうし、実際に田崎さんも「ワインにキムチは合う」と発言されています。赤ワインに合うつまみの代名詞とも言えるチーズも、キムチと同じ発酵食品なので何となくその理屈はわかるのですが、どうしても安居酒屋での強烈な記憶が脳裏をよぎり「怖くて買えない」という印象は拭えません(まあワインと合わせなければいいだけなんだけど)。

恐らくですが、田崎さんレベルになってくると、ワインもキムチも相当上等な品物を食べているのかなと。翻って、安居酒屋では両者とも高級品は期待できません。そして、田崎さんが認めるような高級品を市井の人々が日ごろ口にする機会なんてそうないはずです。僕と同じような体験をした人が続出すれば、田崎さんの信用を落とすことにもつながりかねないなと思いました。

 

結論:ワインに合うつまみはほかにもたくさんあるので、あえてキムチにする必要ナシ!