猿一匹 酔って候

介護の現場で働く人たちのための応援WEBマガジン「Live-up Worker」(リブアップワーカー)編集長大西のブログ。活動記録や日々思ったことなど綴っていきます。

骨折

今年のお盆も通常どおり実家に帰省しようと思っています。 近い親戚一同集まる機会となるわけですが、母親に聞いたところ、有料ホームに入居している祖母は今年は来ないという。腰に骨折が見られ、座っているのもキツい状態なんだとか。 去年、脚の大手術を…

JASRACのイミフな広告

暑い日が続きますね~。皆さんいかがお過ごしでしょうか? さて、世間はJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)が著作権の管理下にある曲について、その曲を使用した場合、音楽教室、カラオケ教室、美容室や飲食店を相手に使用料を請求する動きを見せてお…

車いす男性、介助拒否のニュースについて思う

つい先日、車いすの男性が飛行機への搭乗の介助を職員に断られ、自力でタラップを登り搭乗したことがニュースで取り上げられました。 日本の航空会社、車いすの男性を自力で搭乗させる - BBCニュース 航空会社のバニラ・エアは、この措置は不適切だったと本…

マイ箸を持つ理由

かれこれ10年前くらいからマイ箸を持ち歩いています。「マイ箸使っているんだ、えらいね~」とか「エコだね~」とかよく言われますが、正直環境保全のためではないんです。あまりに色々言われるので、ここいらで僕がマイ箸にこだわる理由をハッキリさせてお…

スポンサーだけを見ているキャッチコピー

以前、予備校に勤務していた友人に、予備校の広告(例えば新聞の折り込みチラシなど)はなぜあんなに数字の羅列ばかりで、デザイン性も希薄でセンスがないのか? と聞いたことがあります。「数字の羅列」というのはつまり「〇〇大学 △△名合格!」といった具…

仕事

先日の産経新聞の記事によると、2017年度新入社員を対象にしたアンケートの結果、仕事における「給与」よりも「休日」の方を重視する新人が多いことがわかりました。2004年度に調査を開始してから、休日が給与を上回ったのは初めてのことだそうです。 「給料…

編集後記~ ペットの高齢化と飼い主の高齢化

ゴールデンウィークももう終わり。明日から平常運転の方も多いことだと思います。今年のGWは高校の先輩の結婚式が立て続けにあったほか、妹の家族が我が家に遊びに来たり、約3年ぶりのボウリング(一応3ケタスコアは行ったぜ~)をしたりなど非常に充実して…

F1と少年ジャンプと非国民

サッカー・ワールドカップの出場国が、2026年大会より32→48か国に増えることになりました。これによってアジア圏の出場枠が4.5→8に拡大され、日本を含むより多くの国が世界の檜舞台に立てる可能性が高くなりました。 日本は1998年のフランス大会以降全大会に…

原作に触れてみよう!

去る2月16日、オランダの絵本作家・グラフィックデザイナーのディック・ブルーナさんが亡くなりました。ブルーナさんは、あの有名な「ミッフィー」の原作者で、日本でも絶大な人気を誇ります。日本ではアニメにもなって、ミッフィーのキャラをあしらったグッ…

騙されていても満足ならばそれでいいのかなあ?

先日、有料老人ホームの利用者家族を対象にしたアンケートを見せてもらう機会があったのですが、その中に以下のようなコメントがありました。 「うちのおばあちゃんはデイサービスに通っていたのですが、そこのケアマネジャーから『いずれ重度の要介護になる…

寿命

かれこれ10年ほど愛用していたボールペンが壊れました。先端の金具の内部のプラスチックがボッキリ折れてしまい、これはもう修復不可能。新しいのを買うことにしました。 他にも、ポケットに差すクリップは折れ、胴体の白いストライプ模様は摩擦によって完全…

ボッタクリ2020

先日聞いた話ですが、茨城に住むある家族が味の素スタジアム(東京都調布市)で行われたサッカーの試合を観戦するため、近隣のホテルを予約しようとしました。試合は夜。試合後調布から茨城に帰るのにもかなりの時間がかかるので、いっそ宿泊して翌日帰った…

バリアフリーの落とし穴?

早いもので、今年の4月で今のマンションに引っ越してから丸2年が経とうとしています。 新築のマンションのため、通路や天井高にもそれなりにゆとりがあります。窓ガラスは結露がつかないペアガラスを採用しており、湿気でカーテンがびちゃっとへばりつくアノ…

明けましておめでとうございます

少々遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。 昨年は更新がだいぶ滞ってしまいましたが、本年はなるべく色々な情報をお届けできるよう努めてまいります。読者の皆さまにとっても、実り多き一年となるよう願っております。 Live-up Worker編集部…

信頼されるメディアになるために

久々の更新となります。…と言っても今日はクリスマスイブ。今年も残すところあと数日となりました。 本家Live-up Workerの方も更新が滞っていますが、PCにトラブルがあり(例のwindows10へのグレードアップの件で)ちょっと難しい状態になっています。 特集…

21年ぶりの海水浴場

中学校時代は水泳部だったせいか、この齢になっても泳ぐことが好きです。 去年は一度も海に行けなかったのですが、今年は友だちの誘いもあり茨城・大洗と千葉・外房、2回行くことができました。 写真は2回目に行った守谷海水浴場。高校に入学した年、中学時…

天職と転職

2013年に始まったLive-up Worker。 記念すべき第1回目の特集が「私の転職事情」というシリーズでした。 第1回特集 私の転職事情1 | 介護の応援マガジン Live-up works 第1回特集 私の転職事情2 | 介護の応援マガジン Live-up works 他業種から転職して福祉・…

編集後記~ 10年間の家族介護

2年ぶりとなったスペシャルインタビュー。 第17回特集:スペシャルインタビュー | 介護の応援マガジン Live-up works 今回ご登場いただいたのは、シンガーソングライターの神部冬馬さん。あの『なごり雪』で有名なイルカさんのご長男です。僕が中学2年のとき…

名横綱逝く

元横綱の千代の富士が亡くなりました。僕がまだ小さかったころ、角界をリードした力士の一人であり、相撲という枠組みにとらわれず、プロ野球選手やオリンピックアスリートと並び子どもたちからもあこがれるような存在でした。改めてお悔やみ申し上げます。 …

あの日のカレーライス

暑い日が続くなーと思ったら急に寒くなったり… そんな関東も梅雨明けしたら急激に暑くカラッと晴れた日が続くんでしょうねぇ。 さあ大西家ではそんな暑い夏を乗り切るスペシャルメニューがあります。それは夏野菜カレーです。 嫁の実家で家庭菜園をやってい…

バスのバリアフリー

東洋経済オンラインに興味深い記事が掲載されていました。 toyokeizai.net 普段私たちが何気なく乗っている路線バス。バスの車内のデザインはバリアフリーの視点からさまざまな決まりごとがあるそうです。シートはブルー系、手すりはオレンジ。注意を喚起す…

編集後記~ 脱認知症の取り組み

5月号、特集ページは久々の更新となりました。 特集:高齢者の3人に1人が認知症になる時代。日常生活に取り入れるトレーニングで予防につなげる 介護の応援マガジン Live-up works 今回のテーマは認知症予防。少し前まで「認知症」は痴呆(つまりボケ)と言…

介護はクリエイティブなのか?

前回のブログからだいぶ間隔が空いてしまいました。安心してください、Live-up Workerは鋭意制作中ですよ(←このネタももう古いか) メタルはイケてるのか? さて、トップの写真は鉄鋼連盟が2008年に新卒採用のために制作したポスター。お堅いイメージのある…

女王のいる生活

イギリスに住む友人がFaceboookでシェアしてくれたBody Shopの動画広告。 「Body Shop」はコスメ用品や生活雑貨を取り扱うショップ。イギリスのブランドですが、日本でももうおなじみですね。 www.facebook.com この広告、何がすばらしいかというと、最後に…

Let's Sing a Song

少し昔の話になりますが、祖母とその友人(祖母と同年代の男性)、僕と妹でカラオケスナックに行ったことがあります。まあ若い人にはなじみが薄いかもしれませんが、カウンターの向こうにママがいて、キープのウイスキーとか焼酎のボトルがズラーっと置いて…

アイドルの卒業

少し前の話になりますが、SMAPの草なぎ君が韓国語を学習する番組をやっていたのを覚えているのでしょうか? たまたま番組の最終回を観たのですが、その中で来日して日本語を学習している韓国人の女の子が日本語で作文を読み上げるシーンがありました。 「SMA…

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。 昨年は個人的な都合もあり、更新頻度の低かった一年となりましたが、今年はより読者の皆さまのお役に立てるよう、日々新しい情報を発信していけるよう努めてまいります。 今年は「コラボレーション」をキーワードに、…

張子の虎の輸出を憂いて

はい、久々の更新になりました。最近デスクワークというか他方メディアへの執筆の仕事などもあり、PCの前にかじりつく時間が長くなりヒジョーに目が疲れてきております。ついに尾木ママとスターダスト・レビューのボーカルの区別がつかないほどの疲労に達し…

スカウト型求人

介護従事者向け、逆求人サイト「Scout Me Kaigo」11月より提供開始 http://scoutme.jp/ (会員登録が必要) サービス提供主の株式会社けあらぶは日本介護福祉グループ代表の藤田英明さんが同じく代表を務める団体。藤田さんは介護業界では知らない人がいない…

常総ボランティア行ってきました

大雨による鬼怒川の氾濫で大規模な水害に遭った茨城県常総市。 先週の日曜日、家内と友だち数名でボランティアに行ってきました。 数名でチームを組み、復旧作業にあたる場所へと派遣される仕組みですが、当日ボランティアの概要を説明してくれたスタッフの…

GTO(下世話な、ティーチャー、大西)

♪言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~ ポイズン~ という歌がありましたね(←古い)。私大西、思いのたけをぶちまけてきましたよ。えっ? 何の話かって? 先日のシルバーウィークの真っただ中、Live-up Workerでイラストを描いてくださってるイラスト…

編集後記 ~一番辛いのはこの人なんだ

Live-up Worker9月号更新しました。 http://liveupworks.com/ まず、前回の3月更新から日にちが相当空いてしまったことについてお詫び申し上げます。プライベートで引っ越し等ありバタついていて、なかなか企画を練る時間が取れませんでした。 今回の特集は…

東京オリンピックエンブレムの盗作疑惑について

2020年東京五輪のエンブレムに盗作疑惑がかけられているデザイナーの佐野研二郎氏。エンブレムは別の物に変えるべきだという世論に対し、盗作の事実は無く変更の予定はないとJOCがコメントしたことでさらに収拾がつかなくなっている事態です。 僕はクリエイ…

暑さとの戦い

お盆を過ぎてだいぶ暑さが和らいできましたねー。 涼しくなれば熱中症のリスクも低くなるのでしょうが、僕もお盆に思いっきり風邪をひいてしまい、今年の夏は実家に帰れませんでした。恐らく暑さで体調を崩したのだと思います。ずっと氷枕をして寝ていたから…

8月6日

8月6日。広島に原爆が投下されてから70年の歳月が経ちました。 戦争を経験している人もそうでない人も、長崎に投下された9日、終戦記念日である15日も含め、日本人にとって特別な日だと思います。 僕が中学校のころ、修学旅行で訪れた広島で被爆者の方々の体…

Live-up Worker 支援者募集のお知らせ

Live-up Worker 支援者募集のお知らせ 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、Live-up Worker(以下LUW)はクラウドファンドによる支援者募集を開始しました。https://readyfor.jp/projects/liveupworks LUWはこれまでWEBサイトにて情報発…

ブームで終わらせないために

2013年のLive-up Worker創設以来、順調に取材を展開して特集記事を組んできましたが、取材を断られたことが過去に一度だけありました。 都内にある某大学のボランティア活動を取り上げようと思ってコンタクトを取ったのですが、「担当教授が多忙で応対できな…

国産? 外国産?

今日のお昼はコンビニで買った納豆巻き。 ラベルに目をやると「国産大豆」の文字が… 最近「国産大豆使用」と謳っている商品をよく目にするような気がします。ご存知の方も多いとは思いますが、日本の大豆や小麦粉のほとんどはオーストラリアなどからの輸入品…

祖母と甘栗

先々週末の日曜、祖母が入院したと聞きつけお見舞いに行ってきました。先月、転送した際に腰の骨を折り、それ以来寝たきりの状態が続いていましたが、同時に食事もほとんど摂らなくなり、体調面のダメージもあっての入院となりました。 お見舞いに甘栗、有名…

喪失

先々月、肺がんのため亡くなられたタレントの愛川欽也さん。あまりに急だったのか、妻で同じくタレントのうつみ宮土理さんは憔悴のあまり自身のラジオ番組を降板してしまったとのことです。 よく女の人は亭主が亡くなると元気になると言われています。 今ま…

喪失

先々月、肺がんのため亡くなられたタレントの愛川欽也さん。あまりに急だったのか、妻で同じくタレントのうつみ宮土理さんは憔悴のあまり自身のラジオ番組を降板してしまったとのことです。 よく女の人は亭主が亡くなると元気になると言われています。 今ま…

後継者選び

「俺はあと数年できっぱり(会社を)辞める」 僕が6年ほど前に勤務していた広告代理店の社長の言葉。しかし久々に会社のHPを見てみると、いまだに代表取締役のところに名前が載っています。 実際もう70歳近く。なんだ結局会社に居座っているんじゃないかと一…

新宿駆込み餃子

昨年の4月号、春のスペシャルインタビュー http://liveupworks.com/f-article8.html にご登場いただいた公益社団法人日本駆け込み寺代表の玄秀盛さん。 インタビューの最後でも語っていたように、刑期を終えた出所者や生活困窮者に雇用の機会を提供する「(…

私の(音楽)履歴書 その3

高校卒業後も自身でバンドを組み、ギターのみならずボーカルも務めるようになり、自作の詩曲でライブハウス出演も繰り返すようになりました。ただ正直プレイヤーとしての才能に限界を感じ、25歳あたりでバンドを解散。以降ほとんどギターに触れる機会もなく…

私の(音楽)履歴書 その2

高校と中学で音楽環境の何が変わったのか? それはずばり「バンド」です。 僕が通っていた中学ではバンドをやっている友だちが皆無で当然「軽音楽部」なるものもありませんでした。中学の音楽の授業でクラシックギターを弾くというのがあったのですが、僕は…

私の(音楽)履歴書 その1

ちょっと介護のテーマと外れる内容になりますが、前々回のブログで話題になった「エグザイル」。 http://liveupworks.hatenablog.jp/entry/2015/04/05/222641 EXILEやAKB48とかって若者世代の象徴的存在というか、「とりあえずこのあたりの名前出しときゃ若…

HALよ来い

介護向けのロボットスーツ「HAL(ハル)」の製品化が決まり、5月より本格的に販売開始となるようです、 開発した筑波大学の山海教授は、数年前(確か2007年ころだったような)に行ったインタビューで、「将来の老老介護に活用を見出されれば」と発言されてい…

隗より始めよ

介護労働人口の不足が叫ばれている現在ですが、その対策として、厚生労働省は保守的で地元意識の強い若者(通称マイルドヤンキー)に介護職をあっせんするプロジェクトを進めているとのことです。 関連記事↓ 厚労省が本気で考える"マイルドヤンキー"での介護…

静かなるレジスタンス

東日本大震災から4年が経ちました。僕も被災地へ行ったことがあるのですが、人と人とが力を合わせて、着実に復興へ向かっていると思います。この4年間で達成できたことというのは確かに限界があると思います。それでもいつの日か、被災者の皆さんが元気で生…

江戸時代の介護 ~編集後記

まず初めに、2月号の更新が大幅に延びてしまったことをお詫び申し上げます。 今回の特集は「江戸時代の養老と介護」。はるか昔、江戸時代の人たちはどのように高齢者をケアしていたのか? という素朴な疑問から今回の特集を組むことになりました。 特集:江…